NRI 野村総合研究所【福岡ソリューション開発部】

新入社員インタビュー

新卒採用一期生の
高倉さん、橋本さんにインタビューしました。

  • 高倉 卓也2016年度入社

  • 橋本 直幸2016年度入社

NRI(エリア職)への入社動機を教えてください

橋本

ITの成熟に伴い、距離という垣根が無くなった現代で「SE志望だから首都圏に行かなければならない」ということはないと思います。それならば住み慣れた福岡で働ければ幸せなので、私の就職活動の軸には「福岡で働けること」に重きを置いていました。
NRIの福岡ソリューション開発部は転勤が無く働けるため「ライフプランが立てやすい」という点も大きな魅力でした。また、福岡で携われる仕事は証券系の根幹を担うシステムを扱っておりミッションクリティカルな案件となります。そうした大規模案件に関われるだけでなく、福岡では社内外の技術サポート・R&D・グローバル案件など多岐にわたる仕事があり、様々な視野と経験を身に着けることができると思いました。
また、福岡ソリューション開発部は技術力の高いところだという話も伺っていたので、ハイレベルな集団の中に身を置いて周りの先輩方から技術を学ぼうという向上欲求も高かったのだと思います。 そして福岡が抱える仕事は、R&D・グローバル案件・社内の技術的なサポート・大規模案件など多岐にわたり、様々な視野と経験を身に着けることができると思いました。

「福岡ソリューション開発部は技術力の高いところだという話も伺っていた」というのはどこで聞いていたのでしょうか?

橋本

福岡での会社説明に参加したときに、「福岡ソリューション開発部はどのような立ち位置なのか?」という質問をしたときに回答いただけました。技術的な課題を抱えている他部署のプロジェクトへの支援や協力を依頼されるような組織だというお話だったと思います。

高倉

私がエリア職として福岡ソリューション開発部を選んだ理由は、橋本くんと同じように福岡という優れた住環境の中で大規模な案件に携わる仕事ができるというところです。実際、これだけ美味しいものがあり交通アクセスが良い都市は、そう多くはないですよね。
また、福岡ではシステム開発において上流工程〜下流工程まで携われることができ、プロジェクトマネジメントだけでなくコーディングなどの技術を磨くことができることも魅力でした。他にも、裁量労働制やリフレッシュ休暇など、労働時間や休みの取得において自由度があるところも魅力的でした。

橋本

NRIは残業が多いという話をききましたが、この業界は、どの会社も大差ないと思いまして・・・。それならやり甲斐がありそうなNRIが良いと思いました(笑)

実際に入社してみてどうだったか
教えてください

高倉

研修が長かったです(笑)その分しっかりといろいろなことを教えてくださるので、業務に就くまでの地盤ができると思います。NRI本体とグループ会社全体で研修するので東京の同期入社の社員とのつながりもできました。
福岡ソリューション開発部の業務については、覚えることが多くわからないことばかりですが、先輩方が丁寧に教えてくださるので、頑張ることができます。
少しずつレベルアップしていけるように相談して進めているので、残業も少なく、自分の時間は確保できています。

橋本

実際に入社してみて、
・新人に対する育成に部をあげてとても熱心に取り組んでくださるということ
・個人の技術レベルが非常に高いということ
は日々実感しています。質問したらどの人も快く、真摯に回答していただけますし、独自に勉強会を企画して技術面の知識の底上げのサポートをしてくださる先輩もいらっしゃいます。
部の教育委員会による新人教育に対する計画もしっかり用意されていて毎日多くの学びがあります。本当に新人に対してよく考えて向き合ってくださっているという印象です。
福岡にはアプリケーションソフトウェア・ミドルウェア・システム基盤、それぞれのプロフェッショナルが在籍しており、そうした方々から直接指導を受けられる環境はなかなか無いと思います。

同期入社の社員とは今もつながりがありますか?

高倉

たまに連絡を取ったりしていて、研修中に仲良くなった同期が福岡に遊びに来てくれたりします。

橋本

今でも連絡を取り合う東京の同期は多いですね。研修中や、同じ寮の人たちなど、約4ヶ月の研修期間中に他部署やグループ会社も含む様々な同期と仲良くなれます。
私の場合は週末にサーフィンやSUP(サーフボードに立ち、水をパドルで漕ぐスポーツ)をするマリンスポーツ部を立ち上げたりしたので、そのメンバーとは特に連絡をとりあっています。

入社して驚いたことはありますか?

橋本

結構重要かもしれない判断が、迅速に決まっていくことです。
もちろん経験による感覚や様々な見解があって決定を下しているとは思うのですが、福岡の規模によるものなんでしょうかね?

高倉

確かに40数人の組織であるからこそ、判断が迅速なところはあるかと思います。
上司にも自由に意見を言うことが出来る環境で、新しいことに挑戦することに寛容だと思いました。
ただ、全体的に個々人のレベルが高いため、初心者向けのマニュアルみたいのがあまりなく、新人の身としてはこれはどうしたらいいのだろうとちょっと困ることがあります・・・。

中途採用のメンバーが大半を占める部署ですからね。
戸惑ったりすることもありますか?

橋本

そのギャップを解決していくのは僕ら新人の役目なんだと思っています。

福岡ソリューション開発部に合う人/
合わない人はどんな人だと思いますか?

高倉

「これがやりたい」というある特定の事柄に対して明確な目標がある人よりも、なんでもやってみたいという人のほうが向いているかもしれません。いろんな事業を手掛けているので、その都度自分の任されたタスクに対し、その面白さを見出すことが出来るといいのかなと思います。必ずしも自分のやりたいことばかりではないかもしれないので。

橋本

特色のある人が沢山いるので、その中でも存在感を出すためには自分の持つスキルの何かを尖らせていく必要があると思います。何を尖らせていくかは自由ですが、何かに対して特別なこだわりを持てる人が福岡の部署には向いていると思います。逆に組織に埋もれて安全運転、というような守りの姿勢に入ってしまう人は向かないのではないでしょうか。うわ、なんか辛口な気がします(笑)

そのスタイルは自分に合っていそうですか?

橋本

はい、合っていると思います。新しい技術からどんなサービスやビジネスモデルができるか考えるのが好きなので、福岡のそうしたスタイルが生み出す自由な発想が好きですね。これからも積極的に新しい技術のキャッチアップをして、先回りして勉強することで存在感を出していこうと考えています。福岡の社員さんは各分野における神様みたいな人ばかりなので並大抵のことではないですが(笑)

やってみたいことはありますか?

高倉

今、証券トレーディングツール開発に関わっていますが設計書を書いたりするスキルを身につけて、将来的にはプロジェクトマネジメントをしてみたいです。そのために、まずはしっかり勉強したいです。それから、業務を一通りこなせるようになったら、NRIの海外拠点等で1年間程度実務を体験する海外トレーニー制度を利用してみたいです。せっかく会社が海外で学ぶ機会を設けてくれているので参加しない手はないと思います。

橋本

私も同じく証券トレーディングツール開発に参画しています。エンハンス業務などの経験を積んで技術力を磨きながら、クラウドの最新技術をキャッチアップしてR&Dに挑戦してみたいと思っています。学生の頃から、人々の生活を変えるような業界標準となり得るサービスを生み出したいという夢を持っていたので、福岡はそうしたやりたいことを真摯に受け止めてくれてありがたいです。

高倉 卓也「元気のある後輩を楽しみにしています!」/橋本 直幸「福岡を一緒に盛り上げていきましょう!」